QLOOKアクセス解析 QLOOKアクセス解析
ルシェルブルー・攻略ブログ



TOP2012年12月

スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルシェルブルー・攻略ブログ
iPhone5不具合
カテゴリ:日常
iPhone5を購入から約1週間
良かったこともある背景で当然浮かび上がってくる不具合というものもありました
これは本体がダメなパターン・購入時からインストールされているiOS6がダメなパターンの2種類があります

以下良かったことを記入
※比較対象は同社のiPhone4S キャリアはauとする

・バッテリーの増加
こちらは4Sと比較したときに紙面掲載されていた値ですが3Gデータ通信を利用したときの持続時間が5が8時間、4Sが6時間とのことでした
実際には画面の拡大に合わせてそこまで増加はしてないように見受けられますが・・・

・メモリの増大
5が1GB、4Sが512MB
とのことです
これが一番大きい箇所かな、と個人的には思いました

・新データー通信規格LTE
速度測定などを行って検証をしていないので数値上の結果が見れていませんが体感はおおむね良好

・テザリング機能
追加料金が発生しますがauでは今月末までに契約された方は2年間無料で使用できるサービスを実施しています
これが中々いい機能で外でWI-FI対応端末を使用できるのはやはり便利ですよね

といったところでしょうか
※重量などは割愛

次は悪い点
・Bluetooth
私が使用しているBluetooth機器はカーナビに搭載されていてBluetooth接続すると音声がカーナビのスピーカーから出力される、というものです
ですがiOS6にアップデート後は接続ができず「接続機器が利用できます」を複数回繰り返してしばら立つと接続が可能になる、という不安定な状態です
これよく考えると深刻で普通に音楽を再生する分にはUSBポートもありますし我慢すればいいのでそこまで問題ではないですがハンズフリー通話される方、特に職業柄業務連絡が多々ある方などは深刻ですよね
もしハンズフリー通話が使えなくて警察に捕まったら、事故などを起こしたら・・・責任をAppleに取れというのはおかしいでしょうけど被害が増える要因にはなり得ると思います
そしてこの機能が購入の車の購入のきっかけになった、という方からすれば厳しい問題ですよね

・WI-FI
これまた深刻な問題です
症状:繋がらない・速度が遅い・検索できない
これは端末個体で速度測定結果が変わるという報告がありましたので実際に同じルーターに接続して検証してみました

iOS6搭載の4Sと5で検証してみたところ
4S:PING54ms DOWNLOAD15.13Mbps UPLOAD30.70Mbps
5:PING54ms DOWNLOAD0.92Mbps UPLOAD0.03Mbps
となりました
結果を見ていただいてお分かりでしょうがかなりひどいですよね

この問題に関しては接続設定を一度削除した上でiPhone本体・周辺機器のリセット・再起動で解決することがある、とのことでしたので試してみたのですが変わりはなかったです
また端末個体を変えることによって正常に作動した、という報告もあるようでこれはiPhone5とiOS6両方の問題があるのではないかと思われます

実際ここまで数値に差があると速度も当然体感で実感できるほど遅いですしかなり不便です
接続設定を削除しようにもWI-FI周辺機器を検索できない問題などが発生しています
5で検索したときに「その他」しか表示されず、4Sで検索した際には近所の家のルーターまで拾って計10件近くの設定が表示されたりとその差は明確です

LTEに制限がある以上自宅、もしくはWI-FI環境下では積極的に利用していきたいと思っていた矢先でしたのでかなり困っています

・Googleマップ
これは有名
ひどいものです

・App Storeへ接続ができなくなる

などがありました

ネットの意見を参考に不具合の原因解明・平時利用を試みたのですが気になる見出しを発見したので抽出




「一部の製品との間において、Bluetooth接続に問題があるようです。

手持ちのある製品とのBluetooth接続に問題があり、某所のApple Storeに持ち込みましたが、
Apple Storeで対応したスタッフがiPadで対応結果の報告(?)を入力するのが目に入り、それには、原因として、

 「iOS6とBluetoothのスピードの互換性がない」

と記載されているのが見えました。

Appleの電話での対応(シニア・アドバイザー)では、最初は、

 「Appleの公式見解としては、Bluetooth機器との間の不具合は、一切、報告されていない」

とのことでしたが、いろいろと追求するうちに、

 「サポートコミュニティーに報告が少なからず寄せられているのは把握しているが、原因は不明」

と変わりました。

そのやり取りの中で、

 「その商品は、iPhone5対応を謳っていない」

と、周辺機器メーカーに責任転嫁する場面も見られ、Apple Storeでも「原因不明」との説明を続けつつ、
実は原因を既に特定し、それが解決不能なので、「原因不明」と説明しているのでは...との不信感しかありません。」



というものでした

これに対して21世紀において新しいOSをリリースする際に、従来の対応品が使えなくなるということはあってはならないことだ、と思いました
特にBluetoothやWI-FIはまだまだ発展途上でこれから先もっと色々な用途が期待できるのも関わらず古いのは使えませんよ、対応してるって書いてないですよね、という対応では不信感も募りますよね
極端な例えですけど、新型TVを発売しました!今度のTVは標準無料で今まで有料だった番組が視聴できるんですよ!と謳って販売していて、実際購入してみると地上波が視聴できなかった、と同じくらいのことをしていると感じます


スティーブ・ジョブズが指揮をとっていたころからApple製品を愛用させていただいていますが彼が今も指揮をとっていたならこのような失態はすぐにでも解決に持ち込むだろうな、と思うと改めて惜しい方を亡くしたな、と思います

現在iPhone5の復元作業を実行していてこれでWI-FIでも解決できるならしばらく我慢ができるのですが早めに新しいverのリリースをしてほしいものです

追記
実は今日新しいiPhone5のケースを購入しました
メーカーは友和商会さんで素材はアルミ、六角レンチを使用して装着するタイプのカバーなのですがこの記事を書いたあとに、そういえばこれを付けたあとから通信環境が悪化したなぁと思いレビュー等を検索したところ・・・



実際に4S用のケースを使用していた方が私と同症状にあっておられたようでした
このケースはがっちり固められる上、衝撃吸収シールもあって1980円だったので良品かな?と思っていましたが残念です
ついでに背面に張るアルミの粘着力がやばくて塗装が剥げるんじゃないか心配です
無事に今剥がし終えたのですがWI-FIの症状は無事復帰しました!よかったです・・・


つきましては商品の返金が受け入れられるか?という問題ですがこれはまぁ大丈夫ですよねー・・・?
購入時に対応した係の者が明らかに不慣れで心配ですがこれは返品を受けていただけないと正直やりきれないですよね
塗装は剥げなかったとはいえ納品時に貼られていた背面保護シールを泣く泣く剥がしたわけですし何より商品の注意書きに通信環境が変わる可能性があることなど全く記載されていません
アルミ自体は剥がした際に曲がっているので不良で返金していただかないとやってられないです
仮に返金が通らなくても、じゃあ貴方スマートフォンのアクセサリーの接客ができますか?ともし聞いたときお世辞にもできるような方ではなかったので大丈夫でしょう
というか4Sで通信環境が変わっているという苦情がなかったわけではないでしょうに
このメーカーは改善もせずに販売をしていたということですからどういう神経で設計しているのか疑いますね。
せめて注意書きがあれば返品を受け入れない理由になったというのに
まぁ職業柄私自身スマートフォンアクセサリーの不良交換・返品対応する機会が多いですがどのメーカーもすごく雑です
たかが1000~2000円のケースといえど気になる方・こだわる方はとことんこだわります
いい教訓ですね・・・。
スポンサーサイト

ルシェルブルー・攻略ブログ
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。